コンタクト 初めてつけるなら知っておきたい、メガネとの違い

コンタクト 初めてチャレンジするなら

これから初めてコンタクトレンズに変えようと思っている方は、最初にコンタクトレンズとメガネの違いについて勉強する必要があります。同じような目的で開発され使用されているコンタクトレンズとメガネですが、細かく調べて行くと、いろいろな点で違いがあります。コンタクト 初めてチャレンジする方は、その違いについてしっかりとチェックする必要があります。

コンタクトレンズとメガネの最も大きな違いは、やはり安全性だと思います。メガネは耳と鼻を使って目の前にレンズを設置しますので、目に負担がかかりません。しかしコンタクトレンズの場合には、直接眼球にレンズを乗せますのでやはり負担は強くなります。もちろんコンタクトレンズの正式な使用方法を守っていれば問題ないとは思いますが、一日の使用時間を規定よりも超えて利用していたり、なんかのはずみで取れてしまったからと言って水道水で洗浄したコンタクトレンズを再度目に入れるような使い方をしていると、最悪失明の可能性もあります。最近では気軽にコンタクトレンズを利用している方も多いので麻痺してしまっているかも知れませんが、コンタクトレンズは、メガネよりも危険性が高いという事はしっかりと覚えておく必要があるのです。

また、コンタクトレンズとメガネの違いは安全性だけではありません。コンタクトレンズとメガネを比較した場合に違いが出てくるのは安全性だけでなく視界にも及びます。コンタクトレンズとメガネは、それぞれ着用した時には実際に見える景色が違うという事もあります。一般的にメガネをかけたときには、近視の場合は対象物が小さく見え、遠視の場合は逆に大きく見えるように見えにくい物を調整しています。また、近視や遠視の症状の進行具合によって対象物の見え方を調整しています。最近は少なくなりましたが、度が強いメガネを使うとレンズが厚みを増してきますので、眼球を動かして正面から左右に動かしてみると対象物が二重にぶれて見えたりするので違和感があります。しかし、コンタクトレンズの倍には、眼球に直接のせますのでメガネのような二重に見えたりなどがありません。また、メガネのようにフレームの重みがなかったり、レンズの境界がありませんので違和感がありません。

このようにメガネからコンタクトレンズに初めて移行する場合には、最初に知っておいて欲しいポイントが沢山あります。そこでこちらでは、初めてコンタクトレンズを使用する方の為に、これだけは知っておいて欲しいという内容をまとめてみましたので、初めてコンタクトを購入する前に、ぜひともチェックしてみてください。

最新情報

  • コンタクト 初めてつけるなら知っておきたい、メガネとの違いのホームページを更新しました

    2016年11月28日

    ホームページを更新しました。